パンフレットをみる パンフレットをみる
安全データシート(SDS)をみる 安全データシート(SDS)をみる
施工要領書をみる 施工要領書をみる
塗るだけで塗膜が浮き上がる
EPP工法®は、塗装面に塗布するだけで塗膜が浮き上がり、塗膜を短時間で剥離させることができます。また、下地の金属を傷めず、剥離作業の効率化、工期短縮が図れるだけでなく、水性のため、環境にやさしく、人体にも安全な製品です。
特長
  • シンナーなどの溶剤を含まない水性1液塗料剥離剤を使用していますので、これまでの剥離剤と比較して、火災の心配もなく安全に作業ができます。
  • 剥離剤を既存の塗装面に塗布するだけで、自然に塗膜が持ち上がり、きれいに分離します。
  • ブラストのようなダスト処理の必要がありません。また、使用用具は水で洗い流すことができ、処理が容易です。
  • 剥離剤塗布後 6~24時間程度で剥離が完了し、総合的な工期短縮がはかれます。
    ※塗装の膜厚や階層などで時間は異なります。
用途
  • 既設塗膜剥離
    ※対応塗料はパンフレットをご参照ください。
既設塗膜の剥離状況
荷姿
  • アクアインプラス 202N(水性剥離剤)
    20kg缶
  • アクアインプラス 801(専用クリーナー)
    20kg缶
標準使用量
  • アクアインプラス 202N(水性剥離剤)
    500g/m2